イギリスの暗い歴史…19世紀ロンドンのスラムに関する20の真実

イギリスの暗い歴史…19世紀ロンドンのスラムに関する20の真実

イギリスの闇

大英帝国で知られたイギリスは、かつてインドやカリブ海の諸国に植民地を持ち、昔からモノと人が集まっていた繁栄国家です。しかし、そんなイギリスにも知られざる暗い影がありました。

1700年代半ばから、多くの人がより良い生活を求めて集まった結果、貧困で溢れたスラム街ができたのです。今回は19世紀ロンドンのスラムの真実を紹介します。 

1. 低コストで建築し、長く住めない住居

Slum-pic-1-Wikipedia
ほとんどのスラム街には、個々の部屋がある大きな家や住居がたくさんありました。しかし、意地の悪いビジネスマンは、湿地帯の牧草地に建物を建設します。また、家主は21年以上家を借りられないように規制されました。

続きを読む

Source: 不思議.net

VIP・雑談カテゴリの最新記事