韓国車がついに韓国でも売れなくなる! 韓国内でベンツより高い値段で売ってたことがバレてしまう!

NO IMAGE

韓国の自動車産業が韓国でも不調だという。韓国の人達でさえヒュンダイを避け、トヨタやベンツなどの外車を多く選び始めてるそうだ。それもそのはず、韓国のネットユーザーによればヒュンダイはベンツよりも高い値段で売られているという。挙句の果てに労組の問題まで指摘されてしまっている。
韓国車が売れない!トヨタやベンツなど「輸入車」人気に懸念の声
2018年11月8日(木) 20時40分
 2018年11月6日、韓国・SBSは、「韓国自動車産業が厳しい状況に置かれている中、韓国市場でベンツやトヨタなどの輸入車は飛ぶように売れている」と報じた。
 記事によると、今年に入り韓国で1万台以上を販売した輸入車ブランドは、ベンツやBMW、トヨタなど6社で、レクサスやフォードも年末までに1万台を上回るとみられている。相次ぐ火災事故により一時運行停止措置が取られたBMWも、依然として輸入車販売量で2位を維持しており、3年前の「ディーゼルゲート事件」で販売が激減したアウディとフォルクスワーゲンも果敢な割引販売で再び売り上げを伸ばしたという。
 現在の韓国市場の輸入車シェアは過去最高の17%に上っており、6台中1台が輸入車ということになる。多様な車種と価格で若い消費者を狙う戦略が当たったという。一方で、韓国車は輸出が減少し内需市場まで奪われている状況。専門家の間では「自動車産業は他の産業への影響が大きいため、輸入車シェアが高まると韓国の製造業産業に良くない影響を及ぼしかねない」と懸念が高まっており、対策として「生産性を高め、コストパフォーマンスの高い新車開発で国産車の競争力を高めるべき」との指摘が出ているという。
 これを受け、韓国のネット上では男性ネットユーザーを中心にコメントが寄せられている。「現代(ヒュンダイ)自動車が良心的な価格で製造・販売してたら、こんなに外国車が売れるわけない」「ベンツより高い国産車を買い続けるバカはいない」「他国で韓国車を売りたいなら、韓国でも他国の車を売ってあげるべき。消費者をもてあそばず、品質と価格競争に力を入れて。そうすれば国産車も無視されない」「昔はコスパがいいから国産車に乗ってたけど、今や価格は外国車並み。それなのに性能やデザインは落ちる」「自国民をバカにしたんだから自業自得」など厳しい声が相次ぎ、その理由として「貴族労組(※生産性を上げずに高い給与を受け取り、経営危機時にも賃上げを要求するなどとして、韓国で貴族階級と揶揄されている)」を指摘する声が目立つ。(翻訳・編集/松村)
hps://www.ecodchia.co.jp/b660139-s0-c20-d0127.hml
Source: News U.S.

ニュースカテゴリの最新記事