姉が宣言通り20歳の誕生日の翌日に自タヒした。遺書『生きるのめんどい。今までサンキュー!後片付けヨロ!』私「ざっけんな!」→

NO IMAGE
712: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/08/01(月) 00:08:37.67 ID:5aZp4KmB0.net
十年前、姉が二十歳の誕生日の翌日に首吊りジサツしたこと 
遺書は「ジサツ。生きるのめんどい。ほんとにそれだけだから気にしないでね!今までサンキュー。一応身辺整理はしといたよ。でも全部は流石に無理だったからゴメンけど後片付けヨロ!」だった。ほんとにこれが全文だった。軽すぎるわ 

こんな遺書残されたら「ざっけんな!」としか出てこず。嘆くことも怒ることも出来ず。残るのはずーっと気持ち悪いモヤモヤだけ 
警察の人もこんな遺書初めて見たって引き気味だった。恐らくこんな理由でジサツする訳ないって、我が家の健全性を疑ったのだと思う。 
両親曰く虐待も疑われたようだし 

引用元: 奥様が墓場まで持っていく黒い過去 44

続きを読む

Source: 鬼女は見た

生活・鬼女カテゴリの最新記事