若い男「流しの下の防火設備の点検にきました」私「防火設備?ないですけど…」男「ちょっと見せて」→ドアを開けると・・・

NO IMAGE
今までにあった修羅場を語れ 21話目

http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1425816507/

118: おさかなくわえた名無しさん 2015/03/16(月) 20:54:54.37 ID:7YAbuXM7
大修羅場が続いてるところ、プチプチ修羅場話をひとつ。
大学入学して初ひとり暮らしのアパートの部屋に、訪問してきた若い男性。
狭いワンルームにもかかわらずインターホンがあったので、最初はインターホンで
対応してました。相手が明るく「流しの下の消火設備の点検に来ましたー!」と
言うので、そんなのあったかなあと流しの下を開けてみると、それらしいものがない。

「見当たらないんですけど…」と答えると、「それはおかしいですね…ちょっと
見せてもらえますかー」というのでドアを開けてしまった。するとそこには、
真っ赤な真っ赤な消火器を持ったふたり組が…。15,000円で流しの下の消火設備を
売りつけられそうになりました。お財布持ってきて、2~3000円しかないの見せて
お引き取りいただいたけど、色々言い方あるんだなあとビックリした。
「消防署の方から来ました」はNGだからね、とか、聞いて警戒してたのに…orz

入居したてで、ガス屋とかNTTとか(もしかしたらまだ電電公社だったかも)など
来ていたので、マンション管理に関わる人だと思ってついドアを開けちゃった。
季節柄、そういう訪問も多いと思いますので、ひとり暮らし初心者の方は注意
されたし。

続きを読む

Source: かぞくちゃんねる

生活・鬼女カテゴリの最新記事