【NZ銃乱射】ブレントン・タラント容疑者、北朝鮮訪問後に「変化」した(米メディア)

NO IMAGE

ニュージーランドのモスクの大虐殺で告発されたBrenton Tarrantは、北朝鮮訪問後に「変化」した – Washington Examiner
容疑者であるブレントン・タラントは、オーストラリア出身のパーソナルトレーナーです。朝鮮民主主義人民共和国Samjiyon Grand Monument(三池淵大記念碑)をツアーグループで訪れた。タラントが28歳の時、両親は離婚しました。2010年に49歳で亡くなった彼の父親は、オーストラリアを代表するトライアスリートとなったごみ収集人でした。ジムマネージャーのトレーシー・グレーによると、彼は自分自身を「立場をはっきりさせた普通の白人男性」と表現した。2009年から2011年までニュージーランドのビッグリバージムで働いていたと述べた。

https://www.washingtonexaminer.com/news/brenton-tarrant-accused-in-mosque-massacre-changed-after-visiting-north-korea

三池淵郡(サムジヨンぐん、さんちえんぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国両江道に属する郡。白頭山の東南側の麓に位置する。

Samjiyon Grand Monument (三池淵大記念碑)
no title

no title

三池淵大記念碑:朝鮮人民革命軍の祖国進軍を記念して建立された傑作。主席の銅像を中心にして250mの幅に築かれている。片方に烽火塔(50m)と革命事績碑、他方には「進撃のラッパ手」(12m)、正面に「祖国編」「欽慕編」「進軍編」「宿営編」「祖国の水」など80余像から成る群像が並んでいる。革命先烈の崇高な精神を学ぼうとする朝鮮人民のゆるぎなき精神と記念碑創造に示された高い技術を伺える。

https://ja.wikipedia.org/wiki/三池淵郡

海外の反応

・おっ

・北朝鮮で彼は一体何をしていたのですか?

・まあ無関係だろ

・意味はないだろ

・北朝鮮とパキスタンへの旅行の後、急進的になったんだろ

・ブレントン・タラントが訪れた国々:北朝鮮、フランス、ポルトガル、スペイン、ウクライナ、ポーランド、アイスランド、アルゼンチン、パキスタン

・クライストチャーチのテロリスト、ブレントン・タラントが北朝鮮とパキスタンへの旅行の後に49人を殺害した

・白人至上主義者がパキスタンと北朝鮮に旅行するか?

・別に北朝鮮が仕組んだわけじゃないだろ

Source: 保守速報

ニュースカテゴリの最新記事