世界中で語り継がれる『幽霊船』10のエピソード

世界中で語り継がれる『幽霊船』10のエピソード
shutterstock_313154483
mossolainen nikolai/shutterstock

世界各地で語られる”幽霊船”

幽霊船とは、その名の通り幽霊が操舵していると言われる船で、世界各地で語られている怪奇現象です。今回は、ゾッとする10隻の幽霊船を紹介します。

1. メアリー・セレスト号(Mary Celeste)

Mary Celeste as Amazon in 1861

恐らく最も有名な幽霊船ではないでしょうか。

1872年11月、メアリー・セレスト号はイタリアへ向けて、ニューヨークを出航しました。船長のベンジャミン・ブリックス、彼の妻と娘、そして他の8人のメンバーで乗船しています。同年12月4日、大西洋に漂流したメアリー・セレスト号が発見されますが、船内には誰も乗っていませんでした

船内には、十分な食料と水が残っていましたが、救命ボートは消えていたそうです。11月24日までの船の記録は残っており、日誌の最後にはアゾレス諸島の西方100マイルの海上にいたことが書かれていました。なぜか出航をとても急いでいたようで、出航後、船内で何が起きたかは謎のままです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/メアリー・セレスト

続きを読む

Source: 不思議.net

VIP・雑談カテゴリの最新記事